FC2ブログ

塗装工事

2017.05.29(16:55)

我が家も、築20年を迎え改修工事をすべきところも増えている中、
近所も2回目の塗装をしている所やまだ1度も工事をしていない家もある。
塗装を何度もしませんか?と言われ、伸ばしていた中、ついに行う事にしました。
日本リモデル㈱でセラミック系塗材できれいに生まれかわる事を期待している毎日です。

               清川
スポンサーサイト

念願の!

2017.05.20(15:44)

連休に5歳の孫とアジ釣りにいきました。
初日は18㎝位のが5匹だったのですが、2日目は28㎝、25㎝とまずまずのサイズで
孫も大喜び!
持ち帰ってお刺身にしていただく予定が包丁の切れが悪く、アジフライになりました。
タルタルソ-スを作って一緒に食べ 美味しかったです。
また 行こう!

                中野

絶望のパスタ

2017.05.10(16:58)

最近、ハマっていることがあります。
それは、パスタ料理を作ることです。
とはいえ、まだ数回程度しか作っていません。
今の季節は、アサリが旬なのでボンゴレビアンコ、ロッソなどのソースを作っています。
具材や入れる調味料が多いと、味をなんとか作れるのですが、「絶望のパスタ」はそうはいきません。「絶望のパスタ」は、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノのことで日本ではペペロンチーノとしてよく知られています。イタリア語でアーリオはニンニク、オーリオはオリーブオイル、ペペロンチーノは唐辛子を意味しています。基本的に、これらの具材プラス、パスタの茹で汁に入れる塩が材料になります。材料も少なく、作る工程も複雑ではないのですが、いまだコレダッ!て味になりません。特に感じるのは塩加減がイマイチで、塩が足りないと間の抜けた味になってしまいます。また、パスタは茹で時間が決まっているので、それまでにソースと茹で汁を乳化させてソースを完成させておかなければならず、手際よく作業ができていないといけません。さらに、パスタとソースを絡めて出来上がったら、アツアツの状態で素早く素早く食べないと、これまた美味しくいただけないのです。なんだかとても慌ただしいのです。
次は美味く作れるんじゃないか、という根拠のない自信が湧き上がり、出来上がったパスタのひと口目を食べた瞬間にガッカリすることをおそれずに、これからも頑張ってみます。

吉中

2017年05月

  1. 塗装工事(05/29)
  2. 念願の!(05/20)
  3. 絶望のパスタ(05/10)